県境から遠い人の越境商談は警戒される。注文書の内容はしっかり確認を

目安時間:約 8分

新車を購入するときは、営業マンと商談を行ないます。

 

商談の仕方によって値引き額は違ってくるので、気合を入れて臨む人は多いです。

 

そのため、商談が上手くいって好条件が獲得できると、油断してしまう人もいます。

 

でも注文書の確認を終えるまでは、気を抜かないでください。

 

注文書には不思議な数字や項目があり、しっかり確認しないと損をしてしまうこともあるんです。

 

そこで、新車をお得に購入するために、『注文書で気をつけるべきポイント』についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

県境から極端に離れている人の越境商談を営業マンは嫌がる

越境商談とは、同じ車を他県(他の販売エリア)の販売店と競合させて商談を行うことをいいます。

 

値引き競合で最も効果があるのは、「同士競合」(資本の違う同じ自動車メーカー同士の競合)です。

 

新車販売店は、ほぼ都道府県ごとに販売エリアが区切られているので、隣県の販売店と競合することで大幅値引きが期待できるんです。

 

越境商談は、県境に住んでいる人の特権のようなもので、川を越えれば隣の県という人にはおすすめの方法です。

 

 

新車は、必ず自宅の近くの販売店で購入しないといけないわけではありません。

 

ですが営業マンは、なぜ最寄りの販売店で購入しないのか「事情」を探ってきます。

 

というのも、お客のなかには善良でない人もいるため、営業マンも自己防衛をしているからです。

 

 

県境からかなり離れた地域から越境商談に来ると、やんわりと商談を断られることがあります。

 

転勤などちゃんとした事情がある場合なら、越境しても大丈夫ですが、理由がはっきりしない場合は警戒されてしまいます。

 

また、販売店側が購入後のメンテナンスフォローをしきれないないのも、大きな理由なんです。

 

 

ちなみに、越境して新車を購入すると、通常とは違う登録諸費用がかかります。

 

金額は販売店によって違いますが、場合によっては特別な諸費用が計上されることもあるんです。

 

都道府県境から住居地域の距離でも、諸費用の額が変わることもあります。

 

値引き額より諸経費の方が高くなっては、越境する意味がないので、諸費用の金額にも注意して商談を行ってくださいね。

 

フレームを修正した車両は、査定額が大きく減点される

最近は、下取り車の再販価値が高くなっているので、下取り査定も再販を前提として行っています。

 

そのため、下取り査定のチェックは、厳しくなっています。

 

 

下取り車は、営業マンが査定した後、新車納車時に引き上げると専門部署で再査定されます。

 

このとき、とくに減点が大きいのが事故減点です。

 

事故減点といっても、柱に軽くぶつけて凹んでしまったところを板金修理した場合や、後ろから追突されてリアバンパーを交換したけれどドランクは大丈夫だった場合は、大きく減点されません。

 

大きな減点の対象になるのは、ボディフレームを修復をした場合です。

 

フレームを修正すると「事故車(修復歴車)」になるので、大幅に査定が下がってしまうんです。

 

※事故車になるかどうかは、しっかり定義があります

事故車・修復歴車とは?定義は明確に決まっています。

 

 

事故といってもいろいろな事故があるので、軽い事故から重度の事故のすべてが事故減点の対象ではありません。

 

減点対象にならないためにも、査定時に修復内容を説明できるようにしておくといいですよ。

 

注文書の記載内容はしっかり確認すること

新車の注文書は、項目がたくさんあってややこしい部分もあるので、細かいチェックを省いてしまう人も少なくなくありません。

 

けれど、注文書は、隅々までしっかりチェックすることが大切です。

 

 

注文書は、営業マンと商談した結果が反映されていますが、記載内容に関してお客側と営業マン側で認識が違う場合があります

 

たとえば「ガソリン満タンサービス」などの認識の違いはよくあることです。

 

買う側は「無料でガソリンを満タンにして」とお願いしたつもりが、営業マンは「お金を払うから満タンにして納車して」と頼まれたと思って注文書にガソリン代を記載することもあります。

 

注文書をしっかり確認すれば、指摘することができますが、気が付かないとお金を払うことになってしまいます。

 

 

営業マンのなかには、注文書の確認を簡単にすましてしまう人もいるので、くれぐれも注意してくださいね。

 

下取り車する前に車買取店で査定してもらおう

新車販売店で下取りしてもらうメリットは、1ヵ所で購入と売却の手続きをができることです。

 

しかし、面倒でも車買取専門店でも、査定してもらうのがおすすめです。

 

 

車買取店の査定額は、下取り査定額より高い金額が提示されることが多いですし、競合効果が期待できます。

 

下取り査定額が伸び悩んだときに車買取店の価格を提示すると、下取り査定額のアップにつながることも多いんです。

 

ただ、車買取店の査定額は、すぐに売却してもらうことを前提として、高額査定を提示してくることがあるので、その点は注意です。

 

 

最近は、新興勢力ともいえる車買取店があって、冗談抜きで高価買取をしてくれることが有名になっています。

 

新車販売店の営業マンのなかには、「あちらの車買取店の価格にはかなわないので、あちらで売却したほうがいいですよ」とお客にすすめることもあるんです。

 

下取り車は、車買取店によっても査定価格が大きく違うので、手間を惜しまず複数の車買取店で査定してもらってくださいね。

 

※複数の車買取店の査定を受けると、数十万円も得する可能性があります
愛車を下取りや一括査定で高く売る大切な3つのポイント!

 

 

このように、お得に新車を購入するためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

注文書をしっかり確認して、お得に購入してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー