良いブレーキとは?ドラムブレーキはディスクブレーキより劣っている?

目安時間:約 5分

車には買ったときからブレーキがついていて、ブレーキがなければ大事故になってしまいます。

 

そこで、車の重要な部品のひとつであるブレーキの基礎や「ブレーキパッドの素材は?」、「ディスクローターの径は大きい方がいい?」など、ブレーキについてお話ししています。

 

※ディスクブレーキには、大きく分けて2つ種類がある

車のブレーキの基礎と仕組み。片押し型と対向ピストン型のメリット・デメリット

 

対向ピストン型の方が効くブレーキ?車のブレーキパッドの素材は?

 

レース用と市販車用のブレーキの違いは?効くブレーキとは?

 

国産車と欧州車のブレーキの違いは?ローター径は大きい方がいい?

 

今回もその続きとして、「ドラムブレーキは、ディスクブレーキより良くないの?」、「いいブレーキとはどんなブレーキ?」についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

ドラムブレーキは、ディスクブレーキより良くないの?

ディスクブレーキより、ドラムブレーキの方が劣っていると思っている人は意外と多いです。

 

ですが、ドラムブレーキは劣っているということはありません。

 

 

ディスクブレーキは、ドラムブレーキより、

 

1.放熱性能

2.耐水性能

3.メンテナンス性能

 

が優れています。

 

そのため、ブレーキ本来の性能としては、ディスクブレーキの方が優れています。

 

 

ドラムブレーキは、構造的な面から放熱性能は悪いので、サーキットなどのハードな走行には向いていません。

 

けれど、ドラムブレーキは、自己倍力(セルフサーボ)効果により、小さな押しつけ力で、大きな制動力を発生することできます。

 

ブレーキシューの接触面積も大きいです。

 

そのため、サイドブレーキに関していえば、ディスクブレーキより、ドラムブレーキの方が効きはいいんです。

 

どちらが良い、悪いというよりも、適材適所があるということなんです。

 

※ドラムブレーキの良さについてもっと知りたい人は、こちらを参考にしてください

ドラムブレーキはディスクブレーキより劣っている?しょぼいの?

 

いいブレーキとはどんなブレーキ?

いいブレーキとは、「効きの変化少なく、安定感のあるブレーキ」です。

 

 

そのひとつに、ブレーキを足にあてて効き始める所からABSが作動するまで、効き味に変化がないということがあります。

 

ブレーキを踏んだときに、手前は効かないけど奥が効いたり、逆に手前は効くけど奥は効かないというブレーキは、ものすごく運転がしにくいです。

 

 

もうひとつは、走っているときに効きが変わらないということです。

 

例えばサーキットを走っていて、コースインしたばかりの頃は効くけど、走行するにつれて効かなくなってくるような、変化量の多いブレーキは「悪いブレーキ」です。コーナーの進入時に、制動距離にバラツキが出るだけでなく、次は効かないかもしれない……という恐怖感で、ドライバーをすごく不安にさせて、ろくな走りができなくなってしまいます。

(引用元:ベストカー)

 

 

このように、一般道でも、サーキットでも、安定感のあるブレーキが良いブレーキというわけなんです。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー