北千葉道路の制限速度が70km/hに引き上げられた理由とは?

目安時間:約 9分

最近は、一般道の制限速度が、60km/h制限から70km/h制限になる所が増えてきています。

 

2017年2月にも、千葉県の国道464号「北千葉道路」の一部区間で、制限速度が60km/hから70km/hに引き上げられました。

 

一般道での法定最高速度は原則として60km/hとなっていますが、法定速度以上のスピードで走れる一般道はどうして誕生したのでしょうか?

 

そこで、『制限速度が引き上げられる一般道は、どのような条件があるの?』についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

一般道の制限速度の引き上げは、道交法的に可能?

2017年2月19日に、千葉県の国道464号「北千葉道路」の印西市若萩~成田市北須賀間の4.2km区間が開通しました。

 

「北千葉道路」は、千葉県市川市から成田市までを結ぶ計画の道路ですが、今回の開通により、以前から開通していた千葉ニュータウン区間と合わせて、千葉県の鎌ヶ谷市から成田市までの約26km区間がつながりました。

 

そして、新しい区間が開通したのと同時に、すでに開通済み区間の印西市内の約9kmの制限速度が、今までの60km/hから70km/hに引き上げられたんです。

 

 

一般道の法定最高速度は、基本的に60km/hです。

 

けれど、北千葉道路の一部の区間では、法定最高速度を10km/hも上回る70km/hになりました。

 

一般道路の制限速度の引き上げは、法的に可能なのでしょうか?

 

 

一般道路の制限速度の引き上げについて、2009年10月に警察庁が各都道府県警に通達した交通規制基準の「規制速度の決定」で、次のように内容が定められているんです。

 

「中央分離帯があり、立体交差化された規格の高い道路は標識により法定速度の60km/hを越える80km/hまでの設定を認め、そのほかの一般道路についても実勢速度をもとに40~60km/hの基準速度を定め、原則基準速度からプラスマイナス10km/hの範囲で各都道府県の公安委員会が速度を決定する」

 

そのなかで、一般道でも設計速度が60km/h以上で、立体交差化、上下線分離、歩行者や原付自転車などの通行量がきわめて少ないといった「クルマの通行機能を重視した構造の道路」にあたる場合は基準速度を70~80km/hと定めている
(引用元:ベストカー)

 

このように、一般道でも「自動車の通行機能を重視した構造の道路」については、最高速度が70km/hもしくは80km/hでもいいということなんです。

 

道路交通法上でも速度の引き上げは、各都道府県公安委員会の判断に任せられていて、制限速度の引き上げは法的に認められているんです。

 

制限速度が引き上げが可能な道路は、3つの条件がそろっているところ

今回、北千葉道路の一部区間は、なぜ制限速度が70km/hに引き上げられたのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が千葉県警交通部交通規制課に聞いたところ、構造&安全は問題なく、実際の走行速度に合わせたということなんです。

 

「北千葉道路の既存開通区間9kmは、中央に北総鉄道北総線が走り、その両脇を掘割構造となっている上下線、その上を並行して走る側道上下線がある構造となっています。堀割構造の上下線は設計速度が80km/hとなっており、実際にそこを走るクルマも70km/h前後の速度で走行しているのが確認されています。開通した‘14年7月以降、人身事故も今までに1件が発生したのみで安全面でも問題がないだろうということで今回、交通上の実態に合わせて制限速度の引き上げに踏み切りました。千葉県内では初めてのケースになります」
(引用元:ベストカー)

 

このように、制限速度が引き上げられた区間は、設計上問題がなく、警察が安全と認めた場所なんです。

 

実際に、制限速度が引き上げられた区間は、交通量も少なめで、国道とは思えないくらい軽快に走行できる場所なんです。

 

道路の途中には、ドライバーを戒めるかのように「この道路は高速道路ではありません」という標識もあるんですよ。

 

 

では、他の場所でも実質70km/hで走行している道路があるのに、この区間だけ引き上げが可能になったのでしょうか?。

 

千葉県警交通部交通規制課いわく、北千葉道路の掘割構造の区間のみ引き上げられたのは、3つの条件すべてに合格していたからんです。

 

「もちろん実勢速度がほかにも70km/hになっている道路はありますが、ここは大きく分けて3つの条件にすべて合致したことが挙げられます。ひとつ目は設計速度が80km/hであること、ふたつ目が高架や堀割といった構造によって立体交差化されていること、最後は上下線が分離され、道路自体が平坦で見とおしがいいことでした」
(引用元:ベストカー)

 

このように、設計速度、構造、安全が保たれているから、制限速度の引き上げが決定したんです。

 

制限速度を引き上げると、実質的な走行速度も上がってしまいそうですが、「制限速度を上げても実質的な走行速度は5km/h以上アップしない」という検証結果があるので、実際に走行する速度への影響はあまりないと考えられているんですよ。

 

 

ちなみに、今回の制限速度の引き上げにより、掘割構造の上下線は50cc以下の原付バイクの進入が禁止になってしまいましたが、側道は制限速度が60km/hのままなので、原付バイクでも走行できます。

 

全国には一般道路でも法定速度80km/hのところがある

全国には、北千葉道路のように最高速度が70km/hまたは80km/hのところがいくつか存在します。

 

 

たとえば、栃木県の「宇都宮北道路」は、全国で初めて制限速度が80km/hに引き上げられた一般道です。

 

宇都宮北道路は、日光宇都宮道路と宇都宮環状道路を結ぶ4.9kmの国道119号バイパスで、2003年に供用開始となりました。

 

そして2005年11月に、従来の60km/hから80km/hに制限速度が引き上げられました。

 

 

制限速度が80km/hになった「日光宇都宮道路」は、有料道路以外の道路としては全国的にも珍しいケースで、高速道路以外の道路としては従来の70km/hを上回った全国初の事例なんです。

 

また、宇都宮北道路に続いて全国で2例目の制限速度80km/hの一般道は、栃木県の真岡市と宇都宮市を結ぶ国道408号「鬼怒テクノ通り」の一部区間です。

 

 

静岡県の浜松市と湖西市を結ぶ国道1号線「浜名バイパス」も、高規格道路(高速自動車国道および、一般国道の自動車専用道路のこと)なので、制限速度が80km/hになっています。

 

浜名バイパスは、1978年に当時の日本道路公団が一般有料道路として開通し、2005年3月に国交省がバイパスを買い取りして無料開放された一般道です。

 

 

このように、近年、制限速度が引き上げられている道路が増えてきています。

 

条件がそろい、その上で安全であることが確認された区間については、今後、制限速度を引き上げる可能性がありそうですね。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー