新車と中古車はどっちを買ったほうが得?残価設定ローンは得?新車購入時の疑問

目安時間:約 6分

新車は高額な買い物なので、人生で何度も購入できるものではありません。

 

そのため新車を購入すると、自分だけでなく家族みんなが幸せを感じることができます。

 

けれど、新車の購入は、分からないことや迷うこともたくさんあります。

 

そこで、『新車購入に関する疑問』についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

新車購入と中古車購入では、どっちがお得なの?

車を購入するとき、「新車を買うか、中古車を買うか」で迷う人は多いです。

 

ただ、どちらを購入するのがお得かというのは、はっきりと答えを出すことができないんです。

 

最近は中古車といっても「未使用中古車」など、新車と変わらない中古車も多く登場しています。

 

そのため、新車と中古車でどちらが得か、単純に比較することができなくないんです。

 

 

中古車の最大の魅力は、今は生産されていない、お気に入りの車に乗ることができるということです。

 

一方で、「他人が乗った車には乗りたくない」という理由で、新車を購入する人もいます。

 

 

新車を買うか、中古車を買うかは、ユーザー個々の価値感によっても違いがあります。

 

購入後に後悔しないように、「予算内でほしい車が買えるか」「中古車にしても後悔しないか」などで判断して、新車を買うか、中古車を買うか決めてくださいね。

 

残価設定ローンは、本当にお得?

残価設定ローンとは、3~5年後の下取り査定価格を前もって差し引いて、残りの金額を分割して月々支払っていくという仕組みのことです。

 

「月々の返済額を抑えることができる」というメリットがあるので、新車が購入しやすくなります。

 

また、金利がかなり低めに設定されていることも多いです。

 

 

一見、メリットばかりのように思えますが、残価設定ローンにも以下のようなデメリットもあります。

 

・残価設定ローンは残価を据え置くので、通常ローンに比べて、同じ回数を返済しても残債は残価設定ローンの方が多くなる

・残価にも金利がかかるので、普通のローンよりも総額が高くなる

・事故などで当該車両の価格が大幅に下がると、設定残価が維持できないため追い金が発生する

・残債がある状態で代替えする場合、代替え希望の車が他メーカーの場合は、下取り査定額で残債を相殺するのが難しい下取り額が提示されることが多い

 

 

このように、残価設定ローンにはいくつかのデメリットがあります。

 

残価設定ローンを利用する場合は、通常ローンと残価設定ローンの両方の見積りをだしてもらい、しっかり比較するのがおすすめです。

 

本当に自分にあったローンなのか見極めてから利用してくださいね。

 

新車の値引きはどうして発生するの?

新車を購入するとき、ほとんどの人は値引きをしてもらいますが、値引きなしでも買ってくれる人にはわざわざ値引きはしないんです。

 

値引きが当たり前の現在でも、値引きなしで購入する人もいるんですよ。

 

 

では、どうして新車販売店は、新車の値引きしてくれるのでしょうか?

 

もちろん、新車を売りたいからです。

 

新車販売店は、同じメーカーでも経営の違うお店が存在するので、販売店同士で価格競争が行われます。

 

そして、ユーザー側も少しでも安く新車を購入したいと考えているので、新車販売店も値引きをしてくれるんです。

 

 

しかし、新車には「メーカー希望小売価格」があって、新車販売店は自社利益分から身を削るように、利益を減らしながら値引きをしています。

 

そのため、営業マンは、できるだけ値引き額を抑えたいと考えています。

 

新車は値引きしてくれるのが当たり前といっても、自分の希望値引きを引き出すためには、かなりのテクニックが必要なんですよ。

 

エコカー減税ってなに?

エコカー減税とは、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準数値をクリアした、環境に優れたガソリン車や、PHEV、EVなどの次世代環境車に対する税金の優遇措置です。

 

対象となる新車は、「自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」の税負担が軽減されます。

 

 

重量の軽いガソリンコンパクトカーよりも、重量の重い大型セダン車のハイブリッドカーの方が減額が大きいなどの矛盾点もあります。

 

現在は、日本車のほとんどの新車が減税対象になっていますが、今後は制度継続のときは、対象基準が厳しくなって対象車種も絞り込まれる可能性があるそうです。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー