ブリヂストンが新素材のゴムからタイヤを製造することに成功

目安時間:約 4分

現在、車に使われているタイヤの主成分は、ぼほ100%「パラゴムノキ」から生成された天然ゴムが原料となっています。

 

ですが、ブリヂストンが、新しい素材から抽出した天然ゴムから、タイヤを製造することに成功したんです。

 

そこで、どうしてブリヂストンが新しい素材からタイヤを製造したのか、どのようなメリットがあるのかについてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

現在のタイヤの原料となる天然ゴムは、栽培地域が限定されている

現在のタイヤの主成分(ほぼ100%)は、パラゴムノキから生成された天然ゴムです。

 

このタイヤに使われるパラゴムノキの天然ゴムの原産地は、東南アジア産が90%です。

 

パラゴムノキから作られる天然ゴムは、歴史も長く、製造過程もシンプルで、技術的にも確立されています。

 

 

けれど、パラゴムノキは、植林から収穫開始まで4~6年かかり、25~30年で再植林が必要で、ゴムの採取は人の手で行わなくてはいけません。

 

栽培地域も限定されているので、今後の需要を考えた場合、今のままでは不足してしまう可能性が高いんです。

 

そのため、他にもタイヤの原料となる天然ゴムを確保する方法が必要なのです。

 

そこで登場したのが「グアユール」という植物です。

 

ブリヂストンがグアユールから抽出した天然ゴムで、タイヤの製造に成功

グアユールは、アメリカの南西部からメキシコ北部、オーストラリア北部、地中海西部沿岸の乾燥地帯にできる低木植物です。

 

このグアユールから抽出した天然ゴムで、タイヤメーカーのブリヂストンが、先日タイヤの製造に成功したです。

 

グアユールは乾燥地に生育し、栽培周期が3年と短く、収穫の機械化も可能という特徴・特長を持つ。製品化の工程が複雑でコスト面の問題があるなど、解決すべき点もあるが、原材料の多様化にひとつの道を付けたことになる。

(引用元:ザ・マイカー)

 

このように、コスト面の問題がありますが、新しいタイヤの原料を開発できたことは、未来につながる第一歩ですね。

 

 

ブリヂストンのほかに住友ゴム工業(ダンロップ)も、新しいタイヤの原材料によるタイヤの製造を研究していて、温暖地域で栽培可能な「ロシアタンポポ」からの天然ゴムの抽出の研究をしています。

 

ロシアタンポポは、ヨーロッパの中央部や北米の北東部など温暖なところが原産地なので、グアユール同様に収穫しやすいという特徴があります。

 

この調子で研究が進めば、近いうちにグアユールやロシアタンポポから抽出した天然ゴムで作られたタイヤが、市販化されているかもしれませんね。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー