新型ミライースの魅力と、ライバル車のスズキ・アルトとの違い

目安時間:約 8分

2017年5月9日にダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが実施され、新型ミライースとして生まれ変わりました。

 

新型へのフルモデルチェンジは、じつに6年ぶりで、ミライースの魅力である「低燃費」と「低価格」を生かしながら、最新の安全装備が搭載されています。

 

デザインも大幅にかわり、カッコよくなりました。

 

そこで『新型ミライースの魅力』と『ライバル車のスズキ・アルトとの違い』についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

新型ミライースは旧型ミライースより、実用燃費と安全性能が向上している

新型ミライースのボディサイズと外観の基本形状は、旧型ミライースを受け継いでいますが、各部に工夫を施して空気抵抗を3%も削減しました。

 

また、ボディの基本骨格からシートまで、いろいろな部分を軽くつくり、旧型と比べて、車両重量を80kg(XグレードとG・SAⅢグレードは60kg)も軽くしているんです。

 

 

ただ、車両重量の軽量化されましたが、JC08モード燃費は、旧型ミライースと同じ35.2km/Lで、XグレードとG・SAⅢグレードは34.2km/Lと少し悪くなっています。

 

JC08モード燃費が、それほど向上しなかったのには理由があります。

 

旧型ミライースのJC08モード燃費が「カタログ燃費と実燃費の差が大きすぎる」とユーザーから批判されていたため、実燃費の向上にこだわりJC08モード燃費と実用燃費の格差を抑えたんです。

 

ユーザーにとっては、実燃費が向上するほうが嬉しいですよね。

 

 

車両重量が軽量化されたことにより、動力性能は向上しています。

 

軽自動車が苦手な発進直後の加速と、巡航状態から追い越しに移るときの加速力が高くなりました

 

 

装備面では、新型ミライースにスマートアシストⅢが搭載されて、安全性が大幅に向上しました。

 

旧型のスマートアシストは、赤外線レーザーのみの装着だったので、検知できるのは車両だけで歩行者は対象外で、作動速度の上限も時速30kmでした。

 

しかし、新型ミライースのスマートアシストⅢは、2個のカメラを使って歩行者も検知できるようになって、作動上限は、

 

・警報:車両に関しては100km/h、歩行者は50km/h
・緊急自動ブレーキ:車両は80km/h、歩行者は50km/h以下で作動

 

と大幅に向上したんです。

 

安全装備が向上しても、価格は旧型とほぼ同じなんですよ。

 

 

このように、新型ミライースは安心して快適に乗れる車へと進化しました。

 

ライバル車のスズキ・アルトとの違いとは?

ミライースのライバル車といえばスズキ・アルトで、現行型は2014年12月に発売されました。

 

アルトの特徴は、「低燃費」と「低価格」で、ミライースと同じです。

 

 

アルトの車両重量は、最上級グレードのXが650kgと、新型ミライースのLグレードやBグレードと同じです。

 

ちなみに、最も軽いアルトFの5速MT仕様は、610kgに収まる重量なんですよ。

 

 

アルトのJC08モード燃費は、37km/Lと優れていて、軽自動車のなかでもトップクラスの燃費数値です、ハイブリッドカーのトヨタ・アクアと同じ数値なんです。

 

すごいですよね。

 

 

車両のボディサイズを比べると、全高はアルトが25mm低くなっていますが、ホイールベースはほぼ同じです。

 

アルトの前席や後席に座る乗員同士のヒップポイント間隔は900mmなので、新型ミライースの910mmと同じくらいです。

 

新型ミライースとアルトの車内の広さは、ほぼ互角です。

 

 

両車の大きな違いは、緊急自動ブレーキなどの安全装備です。

 

アルトが装着するのは、旧型ミライースと同じ、赤外線レーザーのみを使うタイプの「レーダーブレーキサポート」で、歩行者の検知ができず作動速度も30kmと低いです。

 

一方、新型ミライースは「スマートアシストⅢ」を採用することで、歩行者の検知もでき、作動速度の上限も高くなりました。

 

新型ミライースは、安全性能が大幅に向上しているんです。

 

 

反対に、アルトの注目ポイントは、グレードの構成です。

 

ターボを搭載したアルトワークスなどスポーツモデルも用意されています。

 

 

安全装備を重視するなら新型ミライースがおすすめですし、走行性能を重視するならアルトを選ぶといいですよ。

 

新型ミライースの魅力は、低価格で安全装備が充実

新型ミライースの特徴は、基本的には旧型と同じで「低価格」「低燃費」です。

 

燃費性能に優れていて、価格は安全と実用装備を充実させたX・SAⅢグレードでも108万円と安くなっています。

 

 

全高は、1500mm(2WD)と軽自動車のなかでは低い部類に入り、立体駐車場も利用しやすいんです。

 

大人が4人で乗車しても、窮屈に感じることなく、短距離の移動に限るならファミリーカーとしても使えます。

 

一般的にファミリーカーとして使うなら、タントやムーブがありますが、出費を抑えたいときは新型ミライースを検討するのもおすすめです。

 

 

設計の新しい軽自動車とあって、高機能な安全装備のスマートアシストⅢを全てのグレードに用意しました。

 

とくに、歩行者を検知して緊急自動ブレーキを作動させる機能は、市街地走行の多い軽自動車では大きなメリットです。

 

また、車両重量の軽量化により、動力性能にも余裕が生まれ、低価格の割に高い機能を備えているのも魅力です。

 

このように、新型ミライースは、値段が安くて燃費も良く、安全面も大幅に向上していておすすめの一台です。

 

新型ミライースのポイント

 

1 車両重量を80kg軽くして、動力性能と実用燃費をさらに向上させた
2 スマートアシストⅢは2個のカメラを使って自動ブレーキが作動する
3 前席は運転姿勢と座り心地を改善して快適性を高めた
4 メーターは視認性に優れ燃費など情報の多彩な表示機能も備わる
5 トレイやカップホルダーなど使い勝手の優れた収納設備を採用
(引用元:ザ・マイカー)

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー