オススメの自動ブレーキは?スバルアイサイトはもっとも優れている

目安時間:約 4分

近年は、衝突回避の支援機構として、「自動ブレーキ」を搭載するクルマが増えました。

 

自動ブレーキには、赤外線レーザー方式やカメラ方式、ミリ波レーダー方式、複合型など、さまざまなタイプがあります。

 

自動車メーカー各社とも、自動ブレーキの機能を良くする努力をしてますが、今、オススメの自動ブレーキは、どのメーカーのものでしょうか?

 

『今、オススメの自動ブレーキは?』についてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

オススメの自動ブレーキは、スバルのアイサイト一択

自動ブレーキには、トヨタ・セーフティセンスCやP、日産・エマージェンシーブレーキ、ホンダセンシング、スバル・アイサイト、メルセデスベンツ・レーダーセーフティなど、国産車、輸入車に関わらず、たくさんの種類があります。

 

では、どのメーカーのメーカーの自動ブレーキがオススメかというと、自動車評論家の国沢光宏さんいわく「アイサイト一択」だそうです。

 

「三択ではなく、スバルのアイサイト一択」と。以下、国沢さんの解説。

 

「アイサイトのステレオカメラは前方の対象物の測距能力が高く、正確に距離を把握する。さらに画像解析能力も高く、夜間でも歩行者を認識可能。ベンツのステレオカメラでは認識できなかった状況も、アイサイトはきちんと歩行者を認識して自動停止している。現在市販されている自動ブレーキでは、アイサイトが圧倒的に優れていると判断する」。

(引用元:ベストカー)

 

このように、今、市販されている車に搭載されている自動ブレーキの中では、アイサイトが最も性能が良いんです。

 

さすが、スバルのアイサイトですね。

 

アイサイト搭載車は、非搭載車よりも事故率が約60%減少するというデータもあるほど、衝突回避機能が高いんですよ。

 

※アイサイト搭載車は、車同士の事故は約80%減少

スバルの総合安全性能の考え方は凄い。アイサイト搭載車は事故率が大幅減に

 

 

アイサイトに続いて優れているのは、ベンツCクラスやEクラス、Sクラスなどに採用されている自動ブレーキです。

 

ミリ波レーダーで距離を把握し、ステレオカメラを補助的に使用しているシステムです。

 

国沢さんいわく、

「ベンツの自動ブレーキも高性能だとは思うけれど、アイサイト3には敵わない」(引用元:ベストカー)

だそうです。

 

 

ちなみに、アダプティブクルーズコントロールの性能が高い国産車は、

 

1位=スバル・アイサイト

2位=トヨタセーフティセンスP、ホンダセンシング

 

だそうですよ。

 

 

自動ブレーキは、事故軽減に大きく貢献してくれます。

 

これから車を購入する予定の人は、自動ブレーキなど、先進安全持術を搭載したクルマも検討してみてくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー