残価設定ローンのポイントと注意点。理想的な組み方で車を買おう

目安時間:約 6分

車を購入をするとき、現金で一括支払いをしたり、ローンを組んで購入したりしますが、残価設定ローンという仕組みがあることをご存じですか?

 

残価設定ローンとは、3~5年後の下取り価格をあらかじめ引いて、残りを月々支払っていくという仕組みです。

 

そのため、残価設定ローンを使うと、月々の支払が軽減されるので、新車が購入しやすくなるんです。

 

そこで、残価設定ローンを利用して新車を購入するメリットや注意点をお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

残価設定ローンのプラン内容は、メーカーによって細かい違いがある

残価設定ローンとは、基本的に車をリースするのに近いといえます。

 

プランの大枠は、どのメーカーにも共通していますが、細かい内容はメーカーごとに違いがあるんです。

 

 

例えば、スズキの残価設定ローン“かえるぷらん”は、メンテナンスパックが組み込まれている内容になっています。

 

これは、支払い最終回に、車を返却したり、スズキ車へ代替えしたりしときに、車のコンディションをできるだけ良い状態にしておきたいというメーカーの考えがあるんです。

 

 

他にも、販売諸経費を全て含めた状態でローンを組んだり、車両価格だけをローンにしたりするなど、メーカーによって違いがあるんです。

 

でも、販売諸経費を全て含めたローンにすると、車両価格以上の金利が割賦元金となってしまうので、新車の価格以上の貸し付けになってしまいます。

 

そのため、車両価格に限定するメーカーもあるんです。

 

残価設定ローンのメリット|代替え時の車両チェックは、下取り査定より厳密ではない

日本の自動車メーカーは、“残価保証型(クローズエンド)”を採用して残価の設定をします。

 

残価保証型は、中古車相場の変動に左右されずに残価が固定されているので、どのメーカーも採用しています。

 

 

残価保証には、返却時に現車のチェックがあります。

 

規定走行距離を超えていないか、外装に傷はないかなど、マイナスポイントが基準内に収まっているかなどです。

 

 

しかし、残価保証の現車チェックは、下取り査定より甘いのが現状のようです。

 

仮に基準を超える傷や凹みがあっても、バンパーを交換するなどの、マイナス10万円相当のポイントを超えない限り黙認するそうです。

 

なので、下取りより利点があるのは確かです。

残価設定ローンの注意点|超低金利でも安易にローンを組んでは危険です

年度末決算セールの時期に飛び出しやすのが、“超低金利の残価設定ローン”です。

 

期間限定で、1.9%や、0.9%などの超低金利ローンが設定されることがあるんです。

 

でも、金利負担が軽いからといって、安易にローンを組んではだめなんです。

 

 

超低金利の残価設定ローンならば、月々の支払負担が軽減され新車購入がしやすくなります。

 

ですが、カーライフ全般で考えると、次の代替えの時に問題が発生するんです。

 

残価設定ローンは、一度組んでしまうと、同じ販売店または同じメーカー車への継続的な乗り換えをする人が多いため、政策的に金利を低めにし購入者の囲みをしますが、超低金利ローンのほとんどが期間限定なんです。

 

そのため、代替えときに現車と同じ予算の車に乗り換えたくても、同じ内容でローンを組むことが出来ないため、支払負担はかなり増えてしまうんです。

 

超低金利ローンを利用して新車を購入するときは、代替え時にどれくらい金利の違いがあるのかを、営業マンに確認したほうがいいんです。

 

 

ちなみに、販売の苦戦している車などを、超低金利ローンに設定したりすることもあるんですよ。

残価設定ローンの理想的な組み方

残価設定ローンを組む時には、頭金はそれほど多く設定しない方がいいんです。

 

頭金をできるだけ多く設定すれば、それだけ月々の支払い負担は軽減できますが、次に代替えする時にも同じくらい頭金を用意しないと新車に乗り換えられなくなってしまうからです。

 

販売店の営業マンは、下記のような組み方が理想的といいます。

 

支払い最終回を待たずに下取り査定を行い、残債整理すると多くのケースで“お釣り(査定額から残債分を差し引いて残った金額)”が残る。
このお釣り程度を頭金にしてローンを組むのが理想的
(引用先:ザ・マイカー)

 

このように、残価設定ローンは、月々の支払い負担を軽減して新車を購入できたり、下取り価格よりいい条件で、残価保証をしてもらえたりするなどのメリットがあります。

 

けれど、代替えときに他のメーカーの乗り換えたい場合には、支払い負担が増えてしまうなどの注意点があるため、自分にあっているプランなのかを判断する必要があるんですよ。

 

自分にあった方法で、新車を購入してくださいね。

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー