交通違反で検挙されなくても、車の運転免許が停止(免停)になることが

目安時間:約 7分

交通違反をすると、罰金を払ったり違反点数が付加されたりしますが、厳しい処分として免許の停止(免停)と免許の取消(免取)があります。

 

免許の停止は、一定期間過ぎればまた車を運転することができますが、免許の取消は、免許が没収されるので再び免許を取得しない限り車を運転することができません。

 

実は、交通違反以外の行政処分で、免許の取消や停止になってしまうことがあるのを知っていますか?

 

あまり知られていることではないのですが、点数などと関係なく行政処分を受けることがあるんです。

 

では、どんなときに免許の停止、取消になるのか詳しくお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

点数に関係なく行政処分は実行可能

車の運転免許は、各都道府県の公安委員会=警察が、一定の基準を満たしたものに対して「免許を与える」というものです。

 

なので、その基準を満たせなくなった場合は、公安委員会の権限により運転免許を返上させることが可能なんです。

 

 

そして、運転免許を返上させる基準となるのが、「道路交通法103条」で免許の停止、取消についての規定に書かれている内容です。

 

交通違反などで違反点数を付加される基準が、この道路交通法103条1項の5~7号で「交通法令に違反したことによって処分を受けるもの」と定められています。

 

一般的なドライバーが受ける行政処分は、この道交法が根拠となっています。

 

 

また、道路交通法103条1項の1~2号には、

 

「幻覚を伴う精神病、発作により意識障害・運動障害をもたらす一定の症状を呈する病気にかかっている者、認知症、運転に支障を及ぼすおそれのある身体の障害が生じている者」と定めており、近年の問題となっている
(引用先:ベストカー)

 

との記載があり、てんかんの発作や低血糖による意識障害などのように、運転に支障をおこす病気の場合は、運転免許の停止、取消の対象となるんです。

 

しかし、この1~2号が適用になるには医師の診断が必要で、適用除外となる具体的な診断基準などが細かく定められているので、慎重な対応がとられています。

 

 

そして、交通違反の点数に関係なく免許停止や取消となるのが、『道路交通法103条1項3号』に当てはまることがらです。

 

”アルコール、麻薬、大麻、あへんまたは覚醒剤の中毒者”に対する行政処分で、これらの対象者には免許停止、取消が執行されるんです。

 

 

さらに、道路交通法103条1項の8号は、

 

免許を受けた者が自動車を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」と規定されており、この第8号を強権的に発動させれば、恣意的に特定の人物の運転免許を停止させたり取り消したりすることもできてしまう。
(引用先:ベストカー)

 

と、8号は各都道府県の公安委員会が独自に執行し、運転免許の停止や取消ができる法律でもあるんです。

 

薬物使用での免許停止はほとんどない

道路交通法103条1項3号や8号のような規定があるにも関わらず、これまでに薬物使用の有罪判決を受けた後に、免許の停止や取消の行政処分を実行されたケースはほとんどありません。

 

2002年6月から2011年までの間には、薬物依存症による免許取り消しは1件もないんです。

 

一方、同じ期間でアルコール依存症では49件、認知症では1593件もあります。

 

 

最近では、有名な元野球選手が薬物依存症による免許停止処分を受けましたが、これは、

 

・清原元選手が車好きで知られていたため
・車を使って覚せい剤を入手していた群馬に行っていたため
・執行猶予期間中に車を運転する可能性があり、後遺症による運転の危険性が高いため
・世間に薬物依存でも行政処分があることを知らしめるため

 

からなんだそうです。

 

 

ニュースなどをみると薬物依存による事故もよく目にします。

 

せっかく規定があるのだから、もっと厳しく取り締まるべきですよね。

 

運転免許の停止や取消は、自動車の運転での交通違反によるものだけでなく、その他の理由によっても実行される場合があることは分かりました。

 

日々の安全のためにも、決められた規定を使って危険運転者の取締りを行ってほしいですね。

 

そして、私たちは、安全に運転するように心掛けたいですね。

 

 

最後に、運転免許の行政処分について示しておきますので参考にしてください。

 

運転免許の行政処分について

 

■『前歴』とは過去3年間に実施された免許停止処分などの行政処分歴をいう
■前回の行政処分が終了した日から1年間無事故無違反で過ごせば、過去の行政処分歴はカウントされず0と見なされる
■違反点数が3点以下の軽微な違反の累積で6点に達した場合、「違反者講習」を受けることで行政処分を受けなくていい制度がある
(引用先:ベストカー)

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー