知られざる小型トラックの世界。環境性能や安全性、シェアはどう?

目安時間:約 9分

現在、東日本大震災からの復興需要や、アベノミクスによってトラックの販売が好調です。

 

さらに、2020年の東京オリンピックに向けて、トラックのニーズは増すばかりです。

 

特に、トラックの中でも、通販の商品配達やコンビニの配送、生協の自宅配達など、小口で多頻度の輸送が流行な今、小回りのきく小型トラックが重宝されています。

 

そのため、トラックの販売店は、熾烈な戦いが繰り広げられているんです。

 

では、小型トラックには、どのようなものあるのでしょうか?

 

日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうのトラックについてお話ししますね。

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 大切に乗ってきた車だから、1円でも高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 今の愛車の価値を知りたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

各車自慢のトラックと販売台数(2015年現在)

日野自動車の自慢の小型トラックは、「トントントントン日野の2t」のCMで知名度抜群の「デュトロ」です。

 

しかし、知名度の割には、販売台数は9745台と他社にリードされているのが現状です。

 

 

いすゞ自動車の小型トラックは、日本を代表する小型トラックであり、いすゞの主力車種でもある「エルフ」です。

 

輸出もされていて、初代モデルは1959年の登場と、半世紀以上の歴史を持つ小型トラックなんです。

 

販売台数は、1万6016台とトップの成績です。

 

 

三菱ふそうの小型トラックは、2016年モデルがこのほど登場した「キャンター」です。

 

国内トップレベルの低燃費と、プレミア感を向上させた装備になっています。

 

販売台数は、1万3502台ですが、新型モデル発売で販売台数トップを狙っているんですよ。

 

 

各社自慢の小型トラックは、このようになっています。

 

続いて、各車の詳しい内容をお話ししますね。

 

日本を代表する小型トラックの「いすゞのエルフ」

いすゞのエルフは、1959年の初代から数えて、現行モデルは6代目となり2006年に登場しました。

 

日本をはじめ、世界約100ヵ国で販売されていて、海外でもベストセラートラックとして世界の物流を支えているんです。

 

エルフは、発売以来、改良が続けられていて、最新モデルではアイドリングストップ&スタートシステム「ecostop」を主要車種に標準装備しています。

 

ECONOモードを搭載することで燃費向上を図り、小型ディーゼルトラックの燃費NO.1も達成しているんですよ。

 

 

エコ性能としては、長寿命で軽量なリチウムイオンバッテリーを搭載した、ハイブリッドシステムが大きな売りです。

 

さらに、減速時には、スムーサーExが自動的にクラッチを切り離して、停止寸前まで減速エネルギーを回収できるんです。

 

CNG(天然ガスエンジン)搭載車も、ラインアップしています。

 

天然ガスエンジンは、NOx(窒素酸化物)をポスト新長期排出ガス規制値から70%以上も低減しています。

 

振動や騒音も少ないんですよ。

 

 

安全性能としては、基本設計は2006年とライバル車に比べて古いもの

 

・高剛性ボディによる衝突安全性の向上
・Wエアバック
・ABS/ASR(アンチ・スリップ・レギュレーター:発進加速時の空転抑止)
・HSA(ヒルスタートエイド:坂道発進補助装置)

 

などをきちんと装備していて、ライバル車に負けない安全性を持っています。

 

環境とドライバーに優しいのは、CMで知名度抜群の「デュトロ」

日野のデュトロは、中型トラックの「レンジャー」で実績のある、尿素不使用のNOx低減システムを採用して、平成22年排出ガス規制「ポスト新長期規制」に適合しています。

 

ハイブリッドシステム搭載車の5速AMT「プロシフトV(ファイブ)」は、エコ/ノーマル/パワーの変速パターンのなかから最適モードを選択できる用になっています。

 

さらに、2ペダル化によって、AT車限定免許でも運転できるんです。

 

 

エコ性能としては、ハイブリッドシステムは、エンジンとモーターの間にクラッチを組み込むことで、減速時にクラッチを切り効率よく発電に集中できる仕組みになっています。

 

また、エンジンには、商用車世界初となる、アトキンソンサイクルを採用しているので、熱効率が高く、燃費性能が良いんです。

 

 

電動パーキングブレーキや、横滑りや横転を抑制してクルマを安定させるVSC(車両安定制御システム)を採用して、安全性能を高めています。

 

荷物の積載具合で荷重が変わるので、小型トラックでもVSCは必須装備です。

 

ディーゼル車、ハイブリッド車のどちらにも標準装備されていますよ。

 

国内トップレベルの低燃費とプレミアム感がある、三菱ふそうの「キャンター」

三菱ふそうのキャンターは、2016年4月26日にフルモデルチェンジし、2代目へと進化しました。

 

2代目のキャンターは、国内トップレベルの燃費性能の実現と、ドライバーの快適性向上を目指して開発されています。

 

定評のあるエンジンも洗練されて、国内トップレベルの省燃費を追及ししています。

 

さらに、室内空間は、ブラックとシルバーを基調としています。

 

最大積載量3t以下のアイドリングストップ&スタート機能付き車では、平成27年度の重量車燃費基準+10%を達成しています。

 

 

エコ性能としては、省燃費性能で、定評のある4P10型エンジンのポテンシャルをさらにアップ。

 

車両全体でチューニングを行い、国内トップレベルの省燃費を実現しました。

 

最新版DUONIC2.0では、デュアルクラッチを改良して、燃費向上とシフトショック低減を行いました。

 

 

安全性能は、豪華な室内にすることでドライバーの疲労を軽減し、運転にゆとりをもたらします。

 

運転シートには、サイドサポートを採用してホールド性を向上し、さらに、座面クッションを拡大して疲れにくく快適になっています。

 

 

このように、乗ることがなかなかないトラックですが、身近にみている小型トラックには、安全面から環境面まで、しのぎを削って最新技術を投入されているんです。

 

乗用車だけでなく、トラックも進化しているんですね。

 

 

最後に、小型トラックを運転するに当たり必要になる、中型免許について紹介しますね。

 

免許の区分に「中型」が登場したのは2007年。現在の普通免許だと、総重量5t/積載量3tまで運転できる。2t車なら普通免許で十分に思えるが、宅配便やコンビニのルート配送に多く使われるトラックは保冷設備やらパワーリフト架装で、車両総重量5tを超えるケース(つまり中型になる)も増えた。そこで悲鳴を上げたのが人手不足のトラック業界。中型はすぐには取れないので、新卒者が雇用できないのだ。現在、上限を6.5tにする検討がされている。

(引用先:CARトップ)

車を高く売りたいなら一括査定の利用して競合させよう

かんたん車査定ガイド

入力してすぐに概算の最高額が分かる!

JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良店のうち、最大10社から一括査定を受けることができます。入力後すぐに概算の最高額を教えてくれる車買取一括査定です。大手買取店からこだわりの専門まで幅広い車屋から査定を受けられるので、高額査定が期待できます。

車査定比較.com

あなたの愛車の買取相場がすぐに分かる

数項目入力した後、すぐに全国75万台のデータから算出した買取相場を教えてくれる車買取一括査定サイトです。数項目入力するだけで最大10車の車買取店から見積りがもらえます。上場企業が運営している車買取一括査定サイトで、全国200社以上の質の高い車買取業者と提携中です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社に査定してもらえる

最大30社から査定をしてもらえるのが特徴の車買取一括査定です。査定してもらう業者を自分で決めることができるのも特徴です。大手買取店はもちろん、地方の買取企業とも提携しているので、意外な高額査定が出る可能性も。


↑↑↑

【無料でできます!】

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を高く売る方法
下取り&買取について
下取り&車買取の疑問
今月の注目記事
最近の投稿
カテゴリー